試合レベルレポート – 選手検索

試合レベルでの選手成績検索レポートについては「試合レベル」のセクション内で確認できます。このレポートは各選手に関するデータを見たい場合に、このレポートを利用することをお勧めします。このレポートはシーズンレベルでは知ることができない具体的な球場、曜日、対戦相手など具体的なシチュエーションを指定してデータの確認をすることができます。

試合レベルレポートが表示できるデータは2005年公式戦やプレイオフ以降からのものですが、2016年以前にも参照できないデータがある場合があります。例えば出塁率や長打率は2016年以前のデータを含んでの計算できません。よって、試合レベルのレポートは常にデフォルトで2016年以降と設定されています。この設定を2005年以降に変更することができますが、下記の データが制限されているセクション を参照してください。

利用方法

選手成績を選択すると下記の画面が表示されます。菅野智之投手がデフォルトで表示されます。

フィルター

フィルターは調べたいデータのみを選択できる機能です。このレポートに使えるフィルターの詳細は下記のフィルターセクションにあります。

ひとつのフィルターを変更するたびに他のフィルターに影響が出ることにご注意ください。例えば、選手に「大野雄大」を選択し、日付に「2020年」を選択した場合、試合には「公式戦」だけが選ばれます。これは2020年には、大野雄大投手はプレイオフで試合をすることができなかったからです。何も選択しない場合には、全てのデータが表示されます。

選択したフィルターをリセットする場合は、リセットのボタンを押してください。

注意:iPadなどのモバイルデバイスからレポート調べる場合には、フィルター選択時に2度フィルターを押す必要あります。1度目はフィルターをセレクト、2度目に選択が可能です(どうやらマイクロソフトの仕様のようです、すまない!)。

選手

選手を選択するには選手検索フィルターにある矢印を押して検索してください。

「Search」で日本語か英語・ローマ字で検索することができます。選手の名前横の丸を選択して下さい。

試合

試合フィルターでは、ゲームタイプのオプション(公式戦やプレイオフなど)と球場のオプションを選択することが可能です。ここで、特定のもしくは全ての公式戦やプレイオフなどを選択することが可能です。球場で日本語、英語、ローマ字の名前で検索することができます。

日付

試合レベルレポートでは特定の日や曜日など詳細にカスタマイズすることができます。前述の通り「フィルターを変更するたびに他のフィルターに影響が出ること」にご注意下さい。年のオプションは2016年からに設定されています(が、年によってはそれ以外の指定も可能です)。

左の赤いマークがついたボタンが、インフォボタンです。これはデータ内容に注意点が含まれていることを示します。右から二番目は最後にデータが更新された日を示しています。一番右のボタンでナイトモードに変更できます。

レイアウト

最初に表示される情報は選手のプロファイルです。

以下2つの図表は、打撃と投手に関するデータです。これら図表は総合統計データです。例えば、年フィルターに2019年と2020年を設定した場合、これらの2つ図表はその2年間の合計に基づくものとなります。

これら図表の下に、更に2つの図表が表示されます。上記と同様、打撃と投手のデータに関するものです。これらの図表のデータは常に、年ごとに表示されています。例えば、年フィルターに2019年と2020年を選択した場合では、これらの2つの図表は2019年のデータと2020年のデータで2列の表示となります。

このレポートセクションの最後に、現在選択されている選手の特定の平均成績とリーグ平均成績を比較した図表を見ることができます(例えばはじめの図表は打率など)。これらのラインチャートは予め年別のデータを表示するように設定されていますので、年を選択する必要はありません。公式戦に関する統計データのみを表示するディフォルトフィルターの利用が可能となっていますが、プレイオフのデータを見ることも、プレイオフと公式戦のデータの両方を含めて見ることも可能です。

リーグ平均

全試合レベルレポートは選択されているフィルターによってリーグ平均成績が計算されます。このレポートの場合、OPS+を計算するにはリーグ平均成績を計算する必要があります。

リーグ平均に影響が出るフィルターは下記の通りです:

  • 試合フィルター
    • ゲームタイプ
    • 球場
  • 日付フィルター
    • 日付範囲
    • 曜日

影響が出ないフィルターは下記の通りです:

  • 球団フィルター
  • 選手フィルター
  • 対戦フィルター

例えば、球団フィルターに阪神タイガースを選択し、日付フィルターに6月のみ選択した場合、全チームの6月のデータでリーグ平均を計算します。

データが制限されているセクション

試合レベルレポートが表示できるデータは2005年公式戦とプレイオフ以降からですが、2005年〜2015年までの利用可能データは更に少なくなります。例えば出塁率や長打率は計算できません。もし2016年前のデータを追加した場合、データがない部分がある場合、該当の個所は全て図表の様に赤色のセルが表示されます。

例えば下の図では、菅野智之投手の打撃と投手成績図表が見られます。日付フィルターに2015年からを選択しています。例えば、「打席」では赤色のセルが表示されています。これはNPBのウェブサイトでは、2016年以前の各試合の結果が登録されていないからです。データによっては赤いセルの中に数値が記入されていることがありますが、これらの数値は正確なものではないため注意が必要です。合計の部分が赤くなっている場合もありますのでご注意ください。

コメントを残す