シーズンレベルレポート – 選手検索

シーズンレベルでの選手成績検索レポートについてはシーズンレベルのセクション内にあります。このレポートは各選手に関するデータを見たい場合このレポートを利用することをお勧めします。リーグ平均と比較することができます。このレポートは選手を選択するとすべての図表が表示されます。

シーズンレベルレポートが表示できるデータは2005年以降の公式戦、2011年からのプレイオフデータのみです。

利用方法

選手成績を選択すると下記の画面が表示されます。2020年沢村賞の大野雄大投手がデフォルトで表示されます。

フィルター

フィルターは調べたいデータのみを選択できる機能です。このレポートに使えるフィルターは2つしかありません。

注意:iPadなどのモバイルデバイスからレポート調べる場合には、フィルター選択時に2度フィルターを押す必要あります。1度目はフィルターをセレクト、2度目に選択が可能です(どうやらマイクロソフトの仕様のようです、もうしわけない!)。

選手

選手を選択するには選手検索フィルターにある矢印を押して検索してください。

「Search」で日本語か英語・ローマ字で検索することができます。選手の名前横の丸を選択して下さい。

年フィルターには興味のある年だけを選択することができます。

左の赤いマークがついたボタンが、インフォボタンです。これはデータ内容に注意点が含まれていることを示します。右から二番目は最後にデータが更新された日を示しています。一番右のボタンでナイトモードに変更できます。

レイアウト

最初に表示される情報は選手のプロファイルです。

以下3つの図表は、打撃、投手、守備に関するデータです。これら図表は総合統計データです。例えば、年フィルターに2019年と2020年を設定した場合、これらの3つ図表はその2年間の合計に基づくものとなります。

これら図表の下に、更に3つの図表が表示されます。上記と同様、打撃、投手、守備のデータに関するものです。これらの図表のデータは常に、年ごとに表示されています。例えば、年フィルターに2019年と2020年を選択した場合では、これらの3つの図表は2019年のデータと2020年のデータで2列の表示となります。

このレポートセクションの最後に、現在選択されている選手の特定の平均成績とリーグ平均成績を比較した図表を見ることができます(例えばはじめの図表は打率など)。これらのラインチャートは予め年別のデータを表示するように設定されていますので、年を選択する必要はありません。公式戦に関する統計データのみを表示するディフォルトフィルターの利用が可能となっていますが、プレイオフのデータを見ることも、プレイオフと公式戦のデータの両方を見ることも可能です。

コメントを残す