ホーム

プロEye球へようこそ!こちらは日本プロ野球についてのウェブサイトです。プロEye球は2つの部分からなります。1つはブログ、2つ目はレポートです。ブログには、記事を投稿しています。

レポートとは何ですか?

「投手打者対戦」のレポート


レポートはこのサイトのメインコンテンツです。マイクロソフトPower BIのソフトを使ったもので、プロ野球データをグラフ、表などを使って視覚的に表すことができるものです。これらのレポートはチームや選手の成績を分析することができます。あなたが知りたいデータを詳細にわたって分析することができます。これらのレポートは日本語と英語両方で表記され、データは自動的に更新されます。随時試合後にこれらのレポートは更新されます。

このサイトの目的は日本プロ野球を英語がわかる方にももっと簡単に楽しめるようにすることです。レポート内容が常に日本語と英語で表示されるようになっているのは、野球の試合を日本語で視聴すると、勝率、打率、出塁率などは漢字で書かれています。日本語がわからない場合、WPCT、BA、OBPで使用される英語の単語との違いで戸惑うことがあると思います。そのため両言語が表示されれば、日本語での試合の視聴の助けになると考えたためバイリンガル表示にしています。

どの日本語が英単語に対応するか分かりやすいようにバイリンガル表示にしています。

上記の統計情報以外に、チームの名前などにも漢字やカタカナの略語が使われます。例えば中継ではチームは「中」、「西」、「ヤ」などと書かれますが、これらの略語がレポート内で使用しています。


使用規制はありますか?
このサイトに集めたデータの全ては日本プロ野球のウェブサイトから取得されたものです。取得不可能なデータは表示されません。これらの取得負荷のレポートはが表示されます。表示されたマークを押すと、そのレポートの使い方や使用規制について読むことができます。ぜひ内容を押して確認してみてください。

使用規制について、以下3つの年に注意してください:

2005 ー 2005年のシーズン以前のデータはありません。様々なサイトが2005年以前の情報を載せていると思いますが、日本プロ野球ウェブサイトが載せていないので、このサイトのレポートには含んでいません。調べたい選手の2005年以前の成績を含めたばあい、その年以前のデータは含まれていませんのでご注意下さい。

2011 ー この年はシーズンレベルのレポートのみです。「シーズンレベルに関しては下記をご覧ください」。この年からのみクライマックスシリーズと日本シリーズのデータが登録されています。この年以前のデータはありませんので、プレイオフ成績を調べる際にご注意下さい。

2016 ー この年からNPBデータが拡張されました。全試合の経過が取得可能です。2016年から試合内容の詳細を確認することができるようになっています。例えば、2016年以降のデータを使えば、どの打者がどの投手と相性がいいかなどの詳細を調べることができます。

タイガーズがノーヒットノーランで残念なデー

どこにレポートがありますか?どちらを選択するほうがいいの?

全てのレポートはページトップのドロップダウンメニューから見ることができます。サブカテゴリーはデータの詳細度にもとづいて分けております。サブカテゴリーはシーズンレベル、ゲームレベル、個人レベルに分かれています。

どのサブカテゴリーを選択すべきかは、知りたい情報の内容によって変わります。レポートの使い方や使用規制については別の投稿でもっと詳しく説明します。

シーズンレベル 「公式戦2005年から、プレイオフ2011年から」
これらのレポートは年度末の合計統計情報のみ利用することができます。選手とチームのデータは年ごとの結果のみ表示されます。もっと詳しい情報(月々の成績など)は利用できません。この箇所については「年とチームもしくは年と選手」と選択可能なオプションは少ないです。このレベルのデータについては他のサイトでも簡単に見つけられるかと思いますが、シーズンレベルでは、他のレベルのレポートよりも統計のカテゴリーが多く、チームの併殺参加数などはシーズンレベルでのみ見ることができます。

2020年沢村賞受賞者の大野雄大様投手



ゲームレベル 「2005年から」

これらのレポートは個々の試合内容を詳しく計算することができます。シーズンレベルと一見とても似ていますが、調べたい月などの指定をすることが可能です。シーズン初めは強いのに、だんだんと弱くなる選手を調べたい場合や、特定の球場でだけ強い選手、死のロードはまだあるかな??などはこのレベルで調べることができます。注意:2016年以前のNPBから取得できるデータは少ないので、全ての統計データを確認することはできません。例えば、長打率は2016年以降のものしか計算に入れることができません。 どのような統計情報を計算することができなかはレポート内の注意マークを確認してください。

特定の選手がチームに参加していない場合を想定し、打率などがどのくらい変わるかを調べることができます。他のチームの選手を追加することもできます。

個人レベル 「2016年から」
これらのレポートはほかのレベルと比べた場合、最も詳しい情報を得ることができます。試合の結果のみではなく、選手のゲーム内の各パフォーマンスまで計算できます。投手がマウンドにいる時、どの打者と対戦したかを調べることができます。メジャーリーグから入団した外国人選手のパフォーマンスは?流し打ちがうまい選手は?タイガーズの選手以外で、30歳以上の現役左打選手、打数20以上、阪神甲子園球場で右投投手と対戦した場合に、長打率が最も高い選手は誰?というような詳細な情報を調べることができます。
オプションを加えれば加えるほど分析に時間がかかります。レポートのオプションを選択すると同時にレポートが自動的に分析を開始します、そのため作動が遅くなることがありますが、ご安心下さい。

現在の「投手打者対戦」レポートの選択可能なオプション

その他
質問やおかしいデータを見つけたらぜひご連絡下さい。このサイトの目的は正確な情報をもとにしたレポートを使って日本野球を楽しんでもらうことです!
このサイトはNPBのデータを利用していますが、個人的なつながりなどはありません。趣味としてデータを集めています。精度管理を随時していきますが、エラーが出たり、将来的に新しいデータ追加するとエラーが発生する場合があります。もしエラーを発見したら是非ご連絡をよろしくお願いいたします。

それでは、プロEye球をお楽しみください!タイガーズ、頼むで!


新しいコンテンツをメールに!

最新記事

個人レベルレポート – 投手打者対戦

個人レベルでの投手−打者対戦レポートについては「個人レベル」のセクション内にあります。このレポートは打者と投手を直接比較することができます。複数の選手を選択することも可能です(例えば全ての左打打者対全ての右投投手など)。 … 個人レベルレポート – 投手打者対戦 の続きを読む

個人レベルレポート – 選手経過

個人レベルでの選手経過レポートについては「個人レベル」のセクション内にあります。このレポートは打者または投手の各打席の結果に関するデータを見たい場合に利用することをお勧めします。複数の選手を選択することも可能です(例えば … 個人レベルレポート – 選手経過 の続きを読む

試合レベル レポート – チームと選手成績

試合レベルでのチームと選手成績レポートについては「試合レベル」のセクション内にあります。このレポートは、各チームに関するデータを見たい場合に利用することをお勧めします。チーム検索レポートとの違いは、このレポートでは、チー … 試合レベル レポート – チームと選手成績 の続きを読む

試合レベルレポート– 試合内容

試合レベルどの試合内容レポートについては「試合レベル」のセクション内を御覧ください。このレポートは各試合の結果(スコア・打撃と投手成績・試合経過)を見たい場合にこのレポートを利用することをお勧めします。 試合レベルレポー … 試合レベルレポート– 試合内容 の続きを読む

他の投稿